地味子は意外にエロかった|2巻ネタバレ|自分から騎乗位になって腰を振って挿入しちゃう

大人気エロ漫画【地味子は意外にエロかった】の2巻を読んだので、内容のネタバレあらすじを含む、感想・口コミレビューを紹介していきます☆

2巻に収録されているタイトル

<4話>段々ほぐれて熟れたカラダに…後ろから激しく突きまくる…!

<5話>地味なままでも可愛いから…酔って火照った乳房をちゅぱちゅぱ

<6話>俺の上で自分から腰振ってくれるなんて…たまんないよ

▼▽▼無料で読みたいならコチラ▼▽▼

【地味子は意外にエロかった】1巻のあらすじ

会社内でも有名な地味女、行橋玲奈。

八谷は部長命令で、「彼女が処女かどうか」を聞かなくてはいけないことになる。

2人での飲み会を設定した八谷だったが、待ち合わせ場所に現れたのは驚くほどの美女。

身なりを整えた地味女だった。

 

思いのほか話が弾み、お酒も進んでいく2人。

酒の勢いも借りて「処女かどうか」を聞くと、場は冷め切ってしまう。

怒って帰る行橋を追いかけて、謝罪する八谷。

「もっと君のことが知りたいんだ」

たまたまとはいえ、ラブホテルの前での言葉に困惑する行橋だったが―。


【地味子は意外にエロかった】2巻のネタバレあらすじ

処女なのに男が悦ぶことを天然で言う

膣内の筋肉のこわばりも落ち着いて、程よい締まり具合になってきたマンコ。

地味子こと行橋玲奈の肌はとても白く滑らかで、思わず触れたくなる。

手を伸ばし、クリトリスをいじってみる。

反応がさらに可愛らしい。

自然と腰の動きが早くなり、激しくなっていく。

 

もう我慢できない。

射精することを息絶え絶えに伝えると、

「あの・・・私はどうすれば・・・っ」

処女らしく最後までいじらしい。

 

そのままジッとしていてほしいことを伝えると、シーツを甘噛みする彼女。

声が今以上出ないように我慢しようとしているのだろうか。

本当に最後の最後まで、興奮させてくれる。

 

「んん―・・・っ」

 

彼女の奥深くに、欲情を発射させた。


 

初セックスしたけど会社では相変わらずな地味子

「いや~、俺なら失礼過ぎて聞けないわ」

八谷の上司はタバコをふかしながら笑っている。

飲み会の後は何もなかったと聞いてくるが、まさか「セックスして処女奪いました」なんて言えるわけもない。

 

セックスした後も、会社内では相変わらず行橋は地味でいる。

特に変化は見られないし、2人の関係も何かあったわけでもない。

しかし今まで社内の飲み会は全拒否していたけど、「八谷の祝賀会だと言ったら来た」と部長は話す。

 

冷やかしてくる部長を適当に流す八谷。

「男性2人で、行橋さんの噂話ですか?」

八谷の同僚、関口梨恵が声をかけてきた。

 

ボブの髪型にオシャレ。

スタイル良し、愛嬌良しの彼女は、誰にでもフレンドリーで人気者。

いわば、行橋とは真逆の存在。

 

しかし、とにかく人の恋愛話が大好きなのが玉にキズ。

案の定今回も話に乗ってきて、2次会は行橋とふけるように部長と勧めてくる。

半分やけ酒になりながら、ひたすら飲みに徹する八谷。

 

当の行橋は、誰とも話すことも無く、1人で黙々とご飯を食べていた。


すぐトロトロになる地味子はやっぱりエロい

数時間後―

八谷は行橋に介抱されながら帰宅していた。

やけ酒のあまり酔いが回り過ぎてしまい、見かねた行橋が連れ添ってきてくれたのだ。

 

飲み物を取りに行こうとする行橋をベッドに引き込む八谷。

悪酔いだとたしなめるものの、満更ではない様子の行橋を抱きしめて

シャツのボタンをひとつずつゆっくりと外しながら、首筋にキスをしていく。

 

地味な服装の下から、柔らかく弾力のある胸が露わになる。

固くなっている乳首を舌で転がし、かぶりつく。

 

「あ・・・っ」

 

指で触れてみると、すでにマンコは洪水状態。

ぐちゅぐちゅに掻き出していくと、エロくとろけるような表情になっていく地味子。

 

我慢できずに挿入すると、初めてのとき以上に気持ちいい。

お酒の酔いを心配する行橋をよそに、腰の動きが止まらずひたすら己を打ち付けていく。

 

「動くたびに・・・擦れて・・・っ」

「気持ちいいのが、どんどん・・・きます・・・」

 

行橋も欲情し、八谷に腕を回してしがみついてくる。

 

「もっと・・・奥まできてください・・・」

 

思わず身を乗り出すと、酔いが回ってきてしまった八谷。

さすがに止める行橋だが、気持ちいいので続けたいという八谷と意見が食い違う。

 

「・・・分かりました」

「うまくできるか分かりませんが・・・私が動きます」

 

騎乗位セックスが始まってしまって―

>>>【地味子は意外にエロかった】続きを読む

 

<現在6巻まで配信中♪>


【地味子は意外にエロかった】2巻の感想口コミレビュー

1話からのセックスの続きですが、やっぱり地味子こと行橋がかわいい!

言葉ひとつひとつを取っても、いじらしい。

思わずいっぱい可愛がってしまいたくなります( *´艸`)

 

イク瞬間にシーツを噛むとか、本当に反則技!

そんなのかわいいに決まってるじゃん!

しかも俯瞰でエロボディを満喫できちゃう・・・最高です。

 

2人の関係性に進展があるのかな?と思いきや、まったく何もないまま数日。

あいかわらず、地味子は地味子のままだし(笑)

まぁ、だからこそいやらしさも増しちゃうんですけどね。

 

酔い潰れた八谷を家まで送っていったのも、本当は期待してたんじゃないのかな~、地味子ちゃん。

自分から積極的に提案しちゃうし、実はかなりエロい子だと思うよ(#^^#)

 

騎乗位なんかされちゃったら、豊満なおっぱいがプルンプルン動くのを下から眺められるのかぁ・・・。

膣内の奥の奥まで、自分で入れちゃうのかぁ・・・。

なんて思うだけで、興奮してきちゃいます。

 

2巻のエロシーンは必見!

ぜひ自分の目で確かめてほしいです( *´艸`)

 

<現在6巻まで配信中♪>


[jin-button-gradation visual=”” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=25627&ad=34492&suid=” target=”_self”]【地味子は意外にエロかった】を試し読みする[/jin-button-gradation]